ページ内を移動するためのリンクです

大分バイオマスエナジー合同株式会社殿納め22MWバイオマス発電設備受注

1.はじめに

 このたび大分バイオマスエナジー合同株式会社殿より、大分バイオマス発電所向け22MWバイオマス発電設備を受注した。その特徴と仕様を紹介する。

図1 発電設備の概略構造
図1 発電設備の概略構造

2.特徴

本プラントの特徴として次の様な設計を考慮している。

  1. 本設備は、PKS(Palm Kernel Shell:パームヤシ殻)と地元林業への貢献を考慮し,木質チップ(間伐材)を混焼できる設備設計。
  2. 蒸気タービンに軸流排気方式を採用することでタービン建屋コスト削減を図った設計。
  3. 燃料供給系統をシンプル化した安心設計。
  4. IT技術を利用した遠隔監視システム。

3.設備の構造と仕様

表1に発電設備の主な仕様を、図1に概略構造を示す。

表1 22MWバイオマス発電設備仕様

発電端出力 22,000kW
タービン型式 衝動式外部抽気復水型蒸気タービン
ボイラ型式 単胴自立型自然循環式流動層ボイラ
燃料 PKS、木質チップ(間伐材)

4.納入範囲

 納入範囲は流動層ボイラ本体、蒸気タービン、発電機、燃料供給用クレーン、灰処理設備、煙突、冷却水系統設備など付帯設備他、電気設備、監視制御装置など一式。